フォーマットを有効活用!職務経歴書を書こう|The Best Career

職務経歴書って難しい

履歴書は情報を書けばいいだけで簡単だけど、職務経歴書の作成って難しいと考えていませんか?職務経歴書はフォーマットを使うことで簡単に書けますよ。ここでは職務経歴書の書き方のコツを解説しています。

好印象を与える職務経歴書の特徴・ベスト3

no.1

分かりやすい実績

職務経歴書で一番に見られるのが、企業側から見て、会社に貢献できるかです。職務経歴書の中でボランティアでも部活動でも前職の中でも具体的な数字とともに実績を書いておくと分かりやすく、好印象になるポイントのようです。

no.2

見やすさ・レイアウト

中身が重要だから見やすさは関係ないと思いがちですが、採用担当者はそのような一見必要ないと思われる仕事もきちんとできるかを見ています。読む側のことを思って作れるかもポイントになります。

no.3

意欲が感じられるか

最終選考の数名に選ばれて、能力が変わらない時、意欲が感じられるかで選ばれることが多いようです。志望動機や意欲の高い文章はしっかりと職務経歴書にも記入しておきましょう。

専用のものがない場合

JOB

転職をする際に職務経歴書の作成を求められることがあります。しかし履歴書とは違い、指定のフォーマットがあるわけではありません。必ずこういう書式で作成をしてくださいという指示があれば、それにしたがって作成をすることになりますが、大抵の場合には自由に作成をするということになります。そうなるとどうやって作成をしたらいいのか分からない、ということになります。今はインターネットでもフォーマットをダウンロードすることができますが、オリジナルで作成をしたほうが印象もよくなるでしょう。分かりやすく見やすい形式で作成をしてみるとよいです。ポイントが分からない場合にも調べることによって作成をする際に注意をすることが分かります。

分かりやすいもの

履歴書

職務経歴書はとにかく見やすくて分かりやすいものにしなければいけません。記入例などフォーマットがある場合には参考にするとよいでしょう。自分で見て、これなら分かりやすいと感じるものを作成するとよいでしょう。オリジナルのものでも見やすさというのは求められる点です。職務経歴書の作成によって書類を作る際の能力があるのかどうか、分かることもあります。すでにあるものに手を加えるだけではオリジナルのものとは言えないので自作をするのもよいでしょう。

チェックをする

SKILL

実際に職務経歴書を作成している人のフォーマットをチェックしてみて、これなら見やすいと感じるものを見つけてみるのもよいでしょう。そこから自作をする際の参考になるものを見つけてみるとよいです。ただ真似をするだけでは意味がありません。自分らしさを出すことができるように作成をしてみると参考にしたものよりもよりよいものを作ることができるでしょう。実際にプリントアウトをしてみて細かいところまでチェックをするとよいです。

広告募集中